一般社団法人 神奈川県高齢者福祉施設協議会

文字サイズ
標準

神奈川県より通知「新型コロナウイルス感染症のまん延防止に係る本県の対応について」11月27日付

標記について、神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課より通知がありましたのでご一読ください。

各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様

 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。

 県では、11月27日、新型コロナウイルス感染症神奈川県対策本部会議を開催し、本県の新型コロナウイルスの感染レベルが、ステージⅢ(感染急増)目前にあることから、「ステージⅢ警戒宣言」を発出しました。

 これに伴い、病床ひっ迫に対応するためのコロナ陽性者の入院基準の見直し、かながわ県民割による県内旅行の新規販売及びGoToイベントの新規販売の一時停止などについて、知事メッセージを発信しました。

 高齢者施設等でのクラスターが多数発生しており、新型コロナウイルス感染症対策においては、早期探知・早期介入が重要となることから、下記の点を改めて徹底いただくようお願いします。

 

○ 感染の疑いについてより早期に把握できるよう、管理者が中心となり、毎日の検温の実施、食事等の際における体調の確認を行うこと等により、日頃から利用者の健康の状態や変化の有無等に留意すること。

○ 管理者は、日頃から職員の健康管理に留意するとともに職員が職場で体調不良を申出しやすい環境づくりに務めること。

○ 新型コロナウイルス感染が疑われる者が発生した場合は、協力医療機関や地域で身近な医療機関、受診・相談センター等に電話連絡し、指示を受けること。速やかに施設長等への報告を行い、当該施設内での情報共有を行うとともに、指定権者への報告を行うこと。また、当該利用者の家族等に報告を行うこと。

 

 また、その他の詳細な対策については、「社会福祉施設等の感染防止対策の再確認、徹底について」(令和2年11月17日付け本県通知)に基づき、感染防止対策の再確認及び徹底を図っていただくようお願いします。

 

事業所あて通知

20201127_知事メッセージ